秩父市立吉田中学校

秩父市下吉田6402番地
TEL.0494-77-0015
yoshichu@chichibu-stm.ed.jp

大切なお知らせ

本日は吉田中学校の開校記念日です【6月20日】

2022年6月20日

本日6月20日は、吉田中学校の開校記念日です。現吉田中学校は今年で55歳になります。

吉田中学校は、今から55年前の昭和42年(1967年)4月1日に旧吉田中学校(第一教場)と上吉田中学校(第二教場)の統合により、スタートしました。翌年昭和43年4月1日に太田部中学校(第三教場)が統合され、生徒595人、18学級となりました。中学校としては統合をしていましたが、新しい校舎がまだ完成していなかったため、それぞれの校舎を吉田統合中学校の第一から第三教場として授業を行っていました。

新校舎の建設については、昭和42年6月20日に校舎建築起工式(地鎮祭)を挙行し、事実上、建設工事が始まりました。この記念すべき日を開校記念日とし、現在の吉田中学校の開校記念日となっています。(現在の北部調理場の場所に建設をしました。)

昭和44年3月4日、完成した吉田中学校の新校舎に旧校舎からの様々な資材等の移転が完了しました。翌3月5日、旧吉田中学校(第一教場)と上吉田中学校(第二教場)の生徒併せて563名が入校し、授業が開始されました。実際の授業が新校舎で始まったのはこの日からでした。

昭和44年4月8日には吉田中学校美吉寮が開設され、太田部から29名が入寮しました。

なお、昭和45年11月25日に吉田中学校の校歌と校旗が完成、翌26日に校歌発表会、校旗推戴(すいたい)式、歌碑除幕式を行いました。

その後、秩父市との合併後の平成19年(2007年)に現在の校舎に移転し、これまで5000人を超える卒業生を輩出してきました。

 統合当時の様子を伝える「広報よしだ」には土地を提供していただいた方々や、町の人々の学校に対する熱い思いが伝えられており、その思いは55年を経た現在でも変わらずに受け継がれていると思います。

 当時595人だった生徒は、今年度は102人となり、およそ6分の1の規模となりましたが、55年を超えて受け継がれてきた地域の皆様の学校に対する思いを、再認識する日にしたいと思います。

 なお、平成29年に秩父市小・中学校管理規則が一部改正され、以前は休業日となっていた開校記念日は平成30年度から通常の授業日となっています。

カテゴリ:大切なお知らせ