読書週間の取組~たくさん本を読もう!

秩父市立尾田蒔中学校 > 生徒の活動 > その他 > 読書週間の取組~たくさん本を読もう!

読書週間の取組~たくさん本を読もう!

読書週間(10月29日~11月7日)の取組を紹介します。

一斉朝読書は、学級全員が朝読書で同じ本を読むというものです。

10月29日~11月1日まで次の本を読みました。

1年生 「最後の一葉」(オー・ヘンリー 著)「 千代に八千代に」(重松清 著)

2年生 「黄色い目の魚」(佐藤多佳子 著)

3年生 「岳物語」(椎名誠 著)「夕日へ続く道」(石田衣良 著)

図書室前の廊下に「読書の木」があります。

1冊本を読んだら、葉っぱの形の用紙に題名と名前を書いてください。

「読書の木」は、学年ごとに分かれています。

来年の春までには葉っぱがいっぱいになって大樹となるよう、期待しています。

読書週間は貸し出し冊数を1人2冊までとしています。

読みたくなる本、図書補助員さんのオススメ本などいろいろありますよ。

まずは図書室に足を踏み入れ、自分にあった本をじっくり探してみましょう。

本は自分を励まし、勇気づけてくれる友達のような存在です。

そばにいて、あなたの心の扉を開き、今までと違う世界をみせてくれますよ。

 

このページのTOPへ
©2008 Odamaki Junior High School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ