校長先生の話を聞いて(児童の感想より)

秩父市立南小学校 > 児童の活動 > 全校朝会 > 校長先生の話を聞いて(児童の感想より)

校長先生の話を聞いて(児童の感想より)

【朝会での校長先生の話「失敗は成功のもと」】

◆ぼくは、失敗は良いことだと気づいたような気がします。ぼくは失敗をするとすぐ落ち込み、情けなさを感じます。でも、失敗をするということは、何かに挑戦しているということだし、高みを目指している証だと思います。失敗をしたことがない人は、何も挑戦したことがない人とアインシュタインも言ってました。なので、これからは失敗をポジティブにとらえられるようにしたいです。(6年T.M)

◆今日の校長先生の話を聞いて思ったことは、いくら失敗してもはずかしがらずに、それを成功に導く事が大切だと思いました。私は様々なことを失敗だと思ったら失敗に、そして、その失敗を今後の成功に活かしています。ISS代表委員で例えるとあいさつ運動のやり方を変えるということができると思っています。勉強だったらテストなど様々なことに例えることができ、それを私は実際にできていると思っています。なので、これからも失敗ををはずかしがることなく、成功につながるように生きていきたいです。(6年N.F)

◆今日校長先生の話を聞いてわかったことが1つあります。それは「失敗は成功のもと」です。もし何か失敗を何回もします。でも、次は成功すると頑張ってその失敗の原因を見つければ、エジソンみたいに成功できるんだなと思いました。そして、その原因をみつけて解決すれば、成功に必ずたどりつけることがわかりました。人間は生きていれば失敗は必ずあります。でも、その失敗をむだにしないで、成功につなげることができます。なので失敗をしてもおそれず、成功に向かって頑張りたいです。(6年A.H)

◆失敗は成功のもとです。失敗は悪いことではなく、成功するのに必要なものです。なので、失敗をおそれるのではなく、失敗をしてもいいという心を持ってやることが大切なんだなと思いました。でも、ただ失敗をするのでは何も変わらないです。ただ失敗をするのではなく、成功のもとを見つけるためになんで失敗したのかということを考えていきたいです。(6年N.I)

◆人間は、失敗をしなければ全く成長をしないと思います。なぜかというと、失敗をしないと考える力も伸びないし、自分から何かを行うという力も無くなってしまうからです。人間は他の生き物とはちがい、とても知能が高いので、それをしっかり活用をし生きていけば、とても良い人生が送れると思うので、ぼくはこれからの長い人生をとてもよいものにできるように頑張りたいです。(6年H.Y)

◆私は、校長先生の話を聞いて、失敗をしても大丈夫なんだとあらためて思いました。フットでもそうでした。準優勝できたのは「失敗を重ねて考えてやってみて」のくりかえしをしたからこそできたのだと私は思っています。だから「失敗は成功のもと」というのは本当だと思いました。どれだけ失敗をしても大丈夫、成功へと近づいているから、失敗をおそれず何でもチャレンジしようと私は思いました。(6年M.T)

◆人間は何度も何度も失敗をするけど、それは成功につながるということがわかりました。失敗をしたら、なんでまちがえてしまったのか、まちがえないようにするにはどうしたよいのかを工夫したり、考えたりして、失敗をしないようにがんばれたらいいなと思いました。(6年H.Y)

◆私は校長先生のお話を聞くまで失敗は悪いものだと思いました。でも、失敗を積み重ねていくと成功になるということがわかりました。私はこの話を聞いて前向きになれました。これからはいろいろな失敗を経験して成功への道を作っていきたいと思います。(6年Y.Y)

このページのTOPへ
©2008 Minami Elementary School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ