沿革

沿革

年月内容
明治19年4月1日山田・栃谷・定峰の3小学校を合併して高篠尋常小学校を設定し、位置を大字栃谷字原に定め、後四万部寺に移す。
明治28年3月1日高篠原谷組立高篠小学校が廃止され、本校に高等科を併設する。
明治40年1月8日学校の位置を大字山田字深田に移し校舎2棟を建築する。
大正6年5月5日校舎2棟を増築する。
大正10年4月高篠小学校校歌を制定する。
昭和3年11月10日校舎2階建1棟、使丁室1室を増築する。
昭和10年11月3日御影奉安殿竣工する。
昭和12年5月30日二宮尊徳像竣工する。
昭和16年4月1日校名を高篠国民学校と改称する。
昭和22年4月1日学校改革のより高篠中学校が分離独立し本校地内に併設される。
昭和23年5月1日学校給食を実施する。(D型)
昭和26年9月30日高篠中学校の校舎落成し移転する。
昭和27年11月1日高篠村教育委員会が設立発足する。
昭和32年5月3日秩父市との合併が実現し、校名を秩父市立高篠小学校と改める。
昭和37年4月30日完全給食を実施する。
昭和38年5月2日県道側障害壁竣工する。
昭和39年11月30日旧奉安殿跡を利用して岩石園を設ける。
昭和40年4月8日心身障害児学級を開設する。
昭和40年8月28日校舎新築のため第4校舎・第3校舎の一部を撤去する。
昭和41年3月25日校旗を制定し、新校歌をつくる。
昭和41年4月1日第1校舎の使用〔鉄筋コンクリート造り2階建10教室竣工(現西昇降口より東側)〕
昭和42年3月20日新校舎第2期工事完成する。
昭和42年7月18日プール竣工する。
昭和47年12月暖房用ストーブ、各教室石油ストーブに切り替え完了
昭和50年3月17日体育館完成
昭和61年7月創立百周年記念事業完成。(記念誌発刊・希望の像・正門等)
昭和62年10月11日開講101年PTA環境整備事業(校庭西側造園・植樹)
平成元年10月第1校舎2階北側の2連教室を整備し、仲良しルーム設置
平成4年7月29日臨汾市鋼鉄公司子弟小学校を校長以下8名の職員が表敬訪問する。
平成4年9月12日学校週5日制始まる。(第二土曜日を休業日とする。)
平成5年3月7日しののめ台及び学校敷地内に桜・ツツジ等150本を植樹する。
平成5年9月緑化コンクール県優良校
平成6年4月しののめ台保存会発足
平成10年4月埼玉県教育委員会、秩父市教育委員会より「体力向上」の2年間の研究委嘱を受ける。
平成12年4月秩父市教育委員会より「健康教育並びに教科体育的活動」の研究委嘱を受ける。
平成12年8月2日学校緑化コンクール優秀賞受賞
平成13年1月6日緑の羽緑化事業(しののめ台、他)
平成14年6月普通教室等扇風機設置
平成15年4月1日人権教育研究委嘱(秩父市教育委員会)
平成15年4月2日人権教育研究指定校(文部科学省)
平成15年5月11日交通安全教育推進モデル小学校(秩父警察暑)
平成15年7月23日人権教育委嘱(秩父地区教育委員会連合会)
平成16年11月5日人権教育研究発表
平成18年4月1日食に関する指導モデル校研究委嘱(県学校給食会)
平成18年4月27日小・中学校連携事業研究指定(県教育委員会)
平成19年7月小・中学校連携事業研究委嘱(秩父地区教育委員会連合会)
平成20年6月23日新校舎建設にともない、プレハブ校舎の建設が始まる。
平成20年9月第2校舎、プール、給食調理場を解体し、新校舎・体育館の建設が始まる。
平成22年1月12日新校舎・新体育館竣工
平成23年5月新プール竣工
平成23年5月「学校応援団」と「放課後子ども教室」の連携促進のための研究委嘱(県教育委員会)
平成23年7月「学校応援団」と「放課後子ども教室」の連携促進のための研究委嘱(秩父地区教育委員会連合会)
平成24年4月子どもの読書活動優秀実践校として、文部科学大臣表彰を受賞
平成25年5月平成25,26年度体力課題解決研究校指定(県教育委員会)
平成25年7月体力課題解決研究校委嘱(秩父市教育委員会・秩父地区教育委員会連合会)
平成26年11月28日体力課題解決研究発表会
このページのTOPへ
©2008 Takashino Elementary School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ