カエデ樹液採取体験

秩父市立大滝中学校 > 学校行事 > カエデ樹液採取体験

カエデ樹液採取体験

カエデ樹液採取体験

3月5日(木)

 3月4・5日は期末テストでした。そして、期末テスト終了後の5日の午後に、全校でカエデの樹液採取体験行ってきました。講師にはNPO法人「秩父百年の森」から田島先生、島崎先生、黒澤先生、山中先生、武井先生にお越しいただきました。
 向かったのは大滝槌打地区にある「カエデの森」にです。まず、カエデの森について説明や、現在どのような取り組みが行われているのかお話をしていただきました。その後、カエデの森に到着してからは、三班に分かれて採取体験をしました。採取が出来る樹液は、メープルシロップの元となるものです。取れたての樹液を味見してみると、ほのかな甘みが感じられました。最後には、樹液を10分ほど煮詰めて、甘みを引き立てたものと、この森で採れたメープルシロップが使われているクッキーを試飲・試食もしました。この煮詰めた樹液は、紅茶に入れると美味しいそうです。ぜひ試してみたいです。

 生徒は自分たちの故郷にある大きな財産を知り、大滝でたくさんの人たちが取り組んでいる「未来の林業」を肌で感じることができました。秩父の町おこしに大滝はかかせない地を知り、大変良い刺激を受けていました。NPO法人「秩父百年の森」の皆様には、お忙しい中、貴重な体験ができる機会を設けていただき、感謝しております。ありがとうございました。

   DSC_0351      DSC_0358

   DSC_0370      DSC_0383

このページのTOPへ
©2008 Ohtaki Junior High School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ