経営計画

経営計画

2019年度 学 校 経 営 計 画                                                           秩父市立大田中学校長

1 学校教育目標

(1) 教育目標       「学び 磨き 鍛え 未来で輝く」

(2) めざす生徒像

① 自ら学ぶ生徒(知)

○学習意欲をもち、粘り強く学ぶ生徒

○基礎・基本となる知識や技能を確実に身につけ、それを適切に表現する生徒

② 心を磨く生徒(徳)

○礼節(仁と恕)を重んじ、互いに尊重し合う生徒

○時と場に応じた節度ある言動がとれる生徒

③ 心身を鍛える生徒(体)

○勤勉・着実な生徒

○健康・安全に留意し、粘り強く体力づくりに取り組む生徒

(3) めざす学校像  「礼節を重んじ、生徒が夢と希望と向上心をもち、生き生きと活動する学校」

〈具体像〉

○生徒が意欲的に学び、自ら考え主体的に活動する学校

○生徒が未来社会で活躍するための力を伸ばす学校(学力・心・健康と体力)

○教育活動が見える学校(学校・地域から信頼される学校)

(4) めざす教師像

「伸ばす教師・伸びる教師」

① 常に学び、指導の工夫・改善に取り組む教師(伸びる教師)

② 生徒の主体性を育てる(教えて、任せて、見届ける)教師(伸ばす教師)

③ 組織の一員として当事者意識とこだわりをもち、職責を果たす教師(伸ばす教師・伸びる教師)

2 学校経営  

(1) 経営の基盤

①すべての学校生活において、礼節を重んじる教育を展開する。

②生徒の自尊感情、教職員の自己存在感を高め、居がい・やりがいのある学校を創る。

③「未来で輝く生徒」を育成するため、力(学力・心・健康と体力)を伸ばす。

(2)経営方針

① 法令や学習指導要領、「秩父市学校教育推進プラン」の趣旨を踏まえ、一人一人の生徒に生きる力を身につけさせる教育活動の推進に努める。

② 職員一人一人が経営参画の立場から「学期ごとの指導目標・生徒の行動目標」を常に意識し、当事者意識とこだわりをもった職務遂行に努める。

③ 学年を核とする組織的な学校運営に努め、同僚性の高い職員集団をめざす。

④ 学校の実態や課題を踏まえ、学力向上のための具体的方策の立案・実施に努める。

⑤ 教職員の資質向上を目指した研修を充実させ、礼節を重んじる学校づくりを推進する。

⑥ 教育環境を(物的環境・言語環境・人的環境)を整備し、安心・安全で厳しさと和やかさのバランスのとれた学校づくりを推進する。

⑦ 小学校との積極的な連携を継続推進するとともに家庭、地域との信頼関係を築く。

3 今年度の重点(重点努力目標 → 手立て → 合い言葉

(1) 基礎・基本の定着を図り、生徒の学力向上に努める。

◎ 「わかる授業」「達成感や満足度の高い授業」を推進し、学ぶことへの意欲を高める。

①「本時のねらい・目標」を明確にし、授業の振り返りを行って基礎・基本定着させる。

②家庭学習の習慣を定着させるための具体的な策を講じる。

③小規模校ならではの学習指導(効果的な個別指導、少人数集団や異学年集団での学び合い、マンツーマンでの技能指導等)を充実させる。

④ 授業規律を重んじ、基礎・基本を確実に定着させる授業を行う。

⑤ 家庭学習の習慣化など、学習習慣を確立するための諸方策を工夫する。

☆ ねらい・見通し・振り返りのある、わかりやすい授業に努めよう

(2) 心豊かな生徒の育成に努める。

◎ 「仁」と「恕」を尊重し、礼節を重んじる生徒の育成に努める。

① 学級経営を充実させ、教師と生徒との節度ある関係、生徒相互の人間関係づくりを積極的に進める。

② 「大田中学校いじめ防止基本方針」に基づき、いじめを許さない毅然とした態度を養う。

③読書習慣の定着を図り、多面的で幅広い見方や考え方を身につけさせる。

☆ 時と場に応じた節度ある言動がとれる生徒を育てよう

(3) 心身ともに健康で、充実した生活を送る生徒を育成する。

◎ 健康・安全への意識の高揚を図り、体力の向上に努める。

① 山マラソン等の体育的活動を充実させ、運動の楽しさを味わわせる。

② 健康・安全教育の徹底を図り、安全な行動の体得及び事故防止に努める。

③ 日々の活動や体験をとおして、心身の健康に対する意識を高める。

④ 情報教育(特に情報モラル)、道徳教育を充実させ、生徒の自己管理能力を高める。

☆ 「心身の健康」に対する意識を高めよう

(4) 積極的な生徒指導に努める。

◎ 共通理解を図り、組織的な指導を行う。

① 生徒個々の実態把握を的確に行い、実態に即した適切な生徒指導を行う。

② 「迅速かつ丁寧な初期対応」「報告・連絡・相談」「見届け」を重視した生徒指導と教育相談活動を行う。

③ 家庭、地域、専門機関との連携を積極的に行い、より効果的に生徒指導を進める。

☆ 迅速・丁寧な初期対応に努め、指導を完結させよう

(5) 地域・関係機関との連携・協力に努める。

◎ 学校・地域間で情報共有し、教育活動の「見える化」に取り組む。

① 学校行事への地域の方・保護者の参会、地域行事への職員の参加を積極的に進める。

② 的確な情報の発信・受信に努め、各団体・機関との積極的な連携を図る。

③ コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)への理解・意識の高揚を図る。

☆ 力を合わせて(職員・家庭・地域)、「地域に誇れる大田中」をつくろう

(6) 専門職として研鑽(けんさん)に励み、指導力を磨く。

◎ 生徒・保護者・地域に信頼される職員集団をめざす。

① 学校の課題解決に向け、当事者意識とこだわりをもって職務にあたる。

② 学校課題の解決に、職員個々の「よさ」や「特性」を生かす。

③ 互いに切磋琢磨し、組織力を向上させる。

④ワークライフバランスを意識し、自己管理をしっかりと行う。

☆ 得意技を磨き、校務に生かそう

4 学校研究主題

       「自らの生き方を考え、豊かな心を育む道徳教育の研究」

このページのTOPへ
©2008 Ohta Junior High School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ