学校長あいさつ

秩父市立影森中学校 > 学校の概要 > 学校長あいさつ

学校長あいさつ

      「学び 磨き 鍛え 未来社会を形成する生徒」の育成を目指して 

                                     

本校は、秩父の象徴である武甲山の麓に位置し、自然環境に恵まれています。昭和22年4月に学制改革により影森村立中学校として設立した、歴史と伝統をもつ学校です。また、全国の卒業式で歌われている「旅立ちの日に」が誕生した学校です。平成3年、当時の校長が「卒業生のために」と思いを込めて作詞、音楽教師が作曲したのが始まりです。

学校教育目標は「学び 磨き 鍛え 未来社会を形成する生徒」です。「自ら学ぶ生徒」「心を磨く生徒」「心身を鍛える生徒」、知・徳・体の調和のとれた生徒の育成を目指しています。また、コミュニティ・スクールを基盤とした、地域に信頼され、地域とともに歩み、生徒一人一人が明るく活動する学校を目指しています。

特色は、盛大に行われる「体育祭」「文化祭」です。昔ながらの良き伝統行事が継承されています。生徒主体の活動を充実させ、さらに発展させていきます。また、伝統芸能の浦山獅子舞に取り組んでいるのも特色の一つです。教職員一丸となって「学び 磨き 鍛え 未来社会を形成する生徒」の育成に努めて参ります。よろしくお願いいたします。

校長 横田健男

 

このページのTOPへ
©2008 Kagemori Junior High School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ