経営方針

経営方針

平成31年度 秩父市立荒川中学校教育目標・学校経営方針

秩父市立荒川中学校長 尾 上 貴 宣

1 学校教育目標

『自主・創造・協力』

 

◇自  主  ものごとを正しく見、深く考え見通しを立てて追求する

◇創  造  理想を求め、ねばり強く生活を切り拓く

◇協  力  人と力を合わせ、よりよい雰囲気の中で共に高め合う

 

2 めざす学校像

 

「夢 汗 絆」笑顔と感動に輝く学校

〈具体像〉

  (1) 生徒が主役となって明るく元気に活動し心の居場所のある学校

  (2) 教職員が使命感に燃え、情熱と生きがいをもって活動している学校

  (3) 学校と家庭、地域、関係機関が連携し、絆を深め共に高め合う学校

 

 

3 めざす生徒像  :  「切磋琢磨し、共に伸びる生徒」

(1) 自ら考え、行動する生徒

     ①目標をもち、意欲的、計画的、継続的に学習する生徒

     ②基本を身に付け、進んで学び、知識・技能を習得する生徒

     ③自分の考えを工夫して表現したり、言葉や図表で表現されたことを説明する生徒

 

(2) 目標をもち、挑戦する生徒

     ①時を守り、場を清め、礼を正す生徒

     ②健康・安全に留意し、自ら進んでねばり強く体力づくりする生徒

     ③目標達成への強い意志、責任感をもって、自分の役割を果たす生徒

 

(3) 互いに尊重し、協力する生徒

     ①いつでも、どこでも、誰にでも、元気で明るいあいさつする生徒

     ②相手の気持ちや立場を理解し、思いやりをもって仲良く協力する生徒

     ③自分の将来に夢や希望を抱き、美しいもの、すばらしいものに感動する生徒

 

 

4 めざす教職員像

(1) 生徒の良さを伸ばすことのできる教職員

     生徒一人一人の個性を大切にし指導に取り組む。

 

(2) 生徒の心を理解しようとする教職員

     人間の成長、発達についての理解を深め、

     生徒との心のふれあいを大切にする。

 

(3) 保護者の願いを誠実に受け止められる教職員

    保護者にとっては大事な大事な1人です。保護者の言葉には、誠意をもって応える。

 

(4) 社会から信頼される教職員

      社会人としての常識はもちろん、常に服務規律の確立に努める。

 

 

5 学校経営方針

〈基本方針〉 『荒川中学校に自信と誇りを持つ』

                    学校・学年・学級経営の展開を目指す

〈経営方針〉

(1) 全ての生徒をかけがえのない人間として尊重し、心と命を育むための充実した学

     校生活根幹とする。

 (2) 知識基盤社会に生きるための基礎基本を身に付けさせる。

 (3) 生徒や保護者と教職員、さらに地域との信頼関係を深め教育効果を高めるため適切な情

      報供と説明責任を果たす。

 

6 授業づくり・学級づくり・心づくりの経営方針

〈指導理念〉  「時を守り、場を清め、礼を正す」  凡事徹底

(1) 授業づくり「わかる、楽しい授業」を目指す

   ・生徒同士がかかわり合い、深め合う授業づくり

  ・「本時の課題」を明示し課題意識を高める

   ・生徒の発想を大切にする

   ・頑張りを認め、ほめる

(2) 学級づくり「規範意識と好ましい人間関係を築き、お互いに尊重し合う学級づくり」

      ・学級力向上を目指して、所属感、肯定感、達成感、一体感を持たせる

      ・生徒の個性が見える担任である

      ・生徒の中に飛び込み、共に学び、共に行動する

      ・生徒一人一人の「よさ」を引き出し、ほめ、認め、励ます

      ・保護者と手をつなぎ、共に考え、共に歩む努力をする

(3) 心づくり「積極的な生徒指導に努め、自己指導能力の育成」を目指す

     □全教育活動において、生徒指導の三原則「自己決定、自己存在感、共感的人間関係」

       のを意図的、計画的に実施していく。

      ・目をかける教育…生徒一人一人に目を配り、生徒の状況を把握する

      ・声をかける教育…生徒との信頼関係を築き、心を通わせる

      ・手をかける教育…一人一人の生徒に自立させるための具体的な手だてを施す

 

7 本年度の指導の重点:秩父市学校創造スーパープランとの関連

     □秩父市学校創造スーパープラン

      ・重点目標Ⅰ:確かな学力と自立する力の育成

      ・重点目標Ⅱ:豊かな人間力と健やかな体の育成

      ・重点目標Ⅲ:秩父ならではの特色ある教育活動

      ・重点目標Ⅳ:質の高い学校教育の推進

 

(1) 確かな学力をはぐくむ、わかる授業・たのしい授業を創造する。〈重点目標Ⅰ〉

・学習規律を身に付け、進んで学ぶ態度・習慣を育成する。

・学習のめあてを明示し、「教えること」「学ぶこと」を明確にし基礎基本の確実な定着図る。

・知的な驚きや感動、満足感や達成感を実感できる授業を展開する。

 

(2) 健康で安全な規則正しい生活を営むための実践力を育成する。〈重点目標Ⅱ〉

・「時を守り、場を清め、礼を正す」ことの習慣化を図る。

・一人一人の生徒の目標を明確にした体力づくり・部活動の充実を図る。

・健康教育の充実に努め、性、薬物、食に関する指導を工夫し実践する。

 

(3) 生徒の望ましい成長と自己実現への支援を行う。〈重点目標Ⅱ〉

・道徳の時間を要として、全教育活動を通して人間としてよりよく生きるための道徳実践を培う。

・学級、学年経営を充実させ、望ましい人間関係づくりに努める。

・生徒の自治的、自発的な活動を促す生徒会、委員会活動の活発化を図る。

 

(4) 全教職員の共通理解に基づいた生徒指導・教育相談体制を確立する。〈重点目標Ⅱ〉

・「あたりまえのことがあたりまえにできる生徒」の育成を図る。

・生徒が「居がい」を感じられるような生徒相互及び生徒と教職員の共感的な人間関係の成に努める。

・さわやか相談員やスクールカウンセラーと連携した相談活動の充実に努める。

 

(5) 生徒一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進を図る。〈重点目標Ⅱ〉

・特別支援学級における指導方法や指導形態の工夫に努め、支援教育の充実に努める。
・積極的な交流授業を展開し、一人一人の障害に応じた教育を推進する。

・発達障害等に関する指導方法について全ての教職員が研鑽し特別支援教育の充実を図る。

 

(6) 郷土の伝統文化である「白久の串人形芝居」「神明社神楽」の体験、継承に取り組む。

〈重点目標Ⅲ〉

・地域の指導者と連携し、荒川に伝わる伝統芸能に触れることにより郷土愛を育む。

・地域の行事である敬老会や学校行事としての伝統芸能発表会等の機会をとおし、保

護者び地域への教育活動の発信を行う。

このページのTOPへ
©2008 Arakawa Junior High School. 画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます
ページの先頭へ